海外ブランド 18号 太刀 吉祥紋箙 宝山 吉祥 ケース飾り 久月 破魔弓 ケヤキ塗カブセケース h021-k-houzan18 【2020年度新作】-破魔弓

海外ブランド 18号 太刀 吉祥紋箙 宝山 吉祥 ケース飾り 久月 破魔弓 ケヤキ塗カブセケース h021-k-houzan18 【2020年度新作】-破魔弓

(まとめ)アーテック 衣装ベース 【S シャツ】 不織布 ブルー(青) 【×30セット】 ホビー・エトセトラ その他のホビー・エトセトラ レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント





メルマガ申込み

商品サイズ
サイズ:間口33×奥行29×高さ60(cm)

(社)日本人形協会認定 優良店

吉祥 宝山 吉祥紋箙 太刀 18号 ケヤキ塗カブセケース

商品番号:h021-k-houzan18

商品内容
【2020年度新作破魔弓】【人形の久月】

吉祥の趣あふれる破魔弓ケース飾りです。

均整の取れた美しい矢羽根が魅力の矢を、松竹梅の文様がデザインされた箙におさめ、あたたかみのあるケヤキ塗ケースに合わせました。
黒金のグラデーションが印象的な背景には、宝尽くし文様をあしらって、金銀宝石、打出の小槌などが積み込まれた宝船の意匠が描かれました。
細部まで丁寧に作りこまれた破魔弓は、「強く・逞しく・賢く」育つように…との願いが込められています。

おめでたい雰囲気にあふれたデザイン性の高い破魔弓飾りで、ぜひお子様の初正月をお祝いください。

サイズ:間口33×奥行29×高さ60(cm)

Qプレミアム【永遠のきずな】【家紋】対象商品です。
特別特典としてお子様のお名前と生年月日を刻印したオリジナルプレートと家紋(限定323種)を入れることができます。
”あんしん・かんたん制度”により、ご注文時にお名前や生年月日、家紋のご記載は必要ありません。
商品に専用のご注文用紙を同梱してお届けいたしますので、必要事項をご記入の上、お客様ご自身でポストへ投函下さい。
数日で仕上がってきたプレートを所定の位置に取り付け、完成です。

破魔弓は、様々な厄から身を守るための飾りとして江戸時代初期から男の子が生まれた家に、子供の健やかな成長を願って贈る習慣があります。
昔は、お正月に弓矢で的を射ってその年の占いをする遊びでしたが、弓の的をハマ(的の中心)と言い、破魔の字をあてはめ「悪い魔を打ち破る」となったのです。
また、弓矢は元々武器のひとつでしたが、その威力から邪気をはらい、悪魔を恐れさせるという特別な力が備わっていると考えられていました。
大切なお子様が丈夫にすくすくと育つようにとの願いが込められております。

一つ一つ手作り品につき、細部(弓・太刀・房など)の仕様が若干変わる場合がありますので、予めご了承ください。

備考
1.お支払方法は、クレジットカード・銀行振込・ 代金引換(30万円まで)よりお選びいただけます。
2.ギフト包装、のし紙、対応できます。注文画面で、お選び下さい。お名前などは備考欄にお書き下さい。
3.30000円以上の商品は送料無料です。(一部除外品あり)
4.手造り品ですので商品性質上又、さらなる向上 のため仕様変更がある場合がございます。

衣装の模様や柄は、同一のお着物を用いておりますが、商品ごとに若干異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。
5.商品画像はなるべく忠実に撮影しておりますが、モニターなどによって、異なる場合や、また、天然素材を使いますので、木目や風合いは、異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
商品は豊富に用意しておりますが、時節により、万一完売の際はご容赦下さいませ。

本支店店頭での販売もしておりますので、同時期に完売の可能性もございます。

【人形屋ホンポとは】
人形屋ホンポは国内を代表する東京浅草橋の人形の久月と経済産業大臣指定伝統的工芸品を創り上げる伝統工芸士の甲冑師など(中村宗光、鈴木利光、早乙女義隆、早乙女幸隆、加藤峻厳、朝比奈徹山、上原玉鳳)京人形(粟田口清信、平安武久、平安一水)、名頭師 熊倉聖祥を始め杉田明十志、津田逢生)、顔がいのちの吉徳大光と甲冑師(大越忠保広、鈴甲子雄山、平安道斉、別所実正、平安光義)、フジキ工芸産業(甲冑師 光雲、辰広、雅峰、高輝)をはじめとし、また木目込人形で国内を代表する金林真多呂、木村一秀、大里彩、柿沼東光、幸一光、原孝州)とともに、国内を代表する甲冑師 加藤一冑、または、平安豊久、平安盛光、宝童らの内飾りとともに、 5月5日のお子様の端午の節句まつりに心をこめて、正規取引店として一般社団法人日本人形協会のもと、初節句のお祝いのお手伝いをさせていただいております。
【鎧飾り】【兜飾り】【子供大将・金太郎飾り】や【武者人形】などに加えお返しにも最適なつるし飾り、名前旗などでさらに楽しい5/5の端午のお祝いにしませんか。